顔の日焼け止め対策が負担になる?紫外線吸収剤の話

S2

顔の日焼け止め対策には、紫外線吸収剤が便利なアイテム。
日焼け止めクリームはもちろん、今では乳液や化粧下地、メイクアイテムにも含まれています。

ですが、その紫外線吸収剤自体が肌への負担となってしまう恐れがあるのです。
紫外線吸収剤のメカニズムを知ると、日焼け止め対策の考えが変わってきます。

●紫外線吸収剤は肌の上で化学反応を起こしている?!

母子手帳に「日光浴」の項目が消えた時にはニュースにもなりましたが、紫外線は今やすっかり悪者。

シミやそばかすの発生を招くメラニンの抑制だけでなく、皮膚がんなどの予防にも繋がるため
紫外線を防ぐアイテムは数多く出ていますね。

その中でも便利で使いやすいのが紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤のメカニズムは、浴びた紫外線を肌に吸収させないために
化学反応を起こして熱などの別のエネルギーに変化させ、再び放出させるというもの。

実は、日焼け止めが顔の皮膚上で化学反応を起こしているのです。

●人によっては紫外線吸収剤が肌の負担に…

その、紫外線を取り込まないための科学反応が、人によっては肌の負担となってしまうことも。
肌荒れやニキビをはじめとした、肌トラブルに繋がってしまうのです。

もちろん、外出後の洗顔での洗い残しも原因のひとつ。
その後のスキンケアで他の成分とまざることにより、残った紫外線吸収剤が刺激となる可能性もあります。

その一方で「白っぽくなるから」と塗りムラになっていては、紫外線を防ぐことはできません。

手軽に使えるアイテムではありますが、本当はとても気を使うものなのです…。

●しっかり丁寧なケアを!気になるなら紫外線散乱剤もオススメ!

このように、紫外線吸収剤は便利で手軽なアイテムですが、しっかり丁寧なケアが必要です。
洗い残しや塗りムラなどしないよう、気をつけなければいけません。

また、紫外線吸収剤が肌への負担だと感じたら「紫外線散乱剤」を選んでみるのがオススメです。
こちらは、散乱剤で紫外線を反射させるため、化学反応は起こりません。

ですが、もちろん丁寧なケアは大切。
紫外線を防ぐはずが、新たなトラブルを招いてしまわぬよう上手に使いこなしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る