肌本来の力を引き出す!お湯洗顔のススメ

S4

固形石鹸にジェルタイム、泡で出てくるフォームタイプ…。今では洗顔料も色々な種類が展開されています。

その中で、実はとてもシンプルな「お湯洗顔」が話題になっているのを知っていますか?
洗顔料を使わないお湯洗顔は、肌本来の力を引き起こしてくれるのです。

お湯洗顔の効果や働き、覚えておきたい注意点をまとめました。
 

●話題の洗顔方法「お湯洗顔」とは?

 
女性のフェイスケアで話題を集めた「お湯洗顔」とは、
洗顔料を使わずに、お湯だけで顔の汚れを洗い落とす方法です。

  • 温度はぬるめの35度前後(肌の温度)
  • 手や指先でこすらず水圧で汚れを落とす
  • 1分以上時間をかける(シャワーをあてるでも可)


という、とてもシンプルなステップ。
これで、肌についたチリやホコリ、皮脂といった汚れを落としていきます。
 

●お湯洗顔がもたらす効果は「肌本来の力」

 
もともと、日常生活でつく汚れはお湯で落とすことができると言われています。

また、肌には元々ダメージを守るための皮脂膜、潤いをもたらす水分、
そして代謝をしていくターンオーバーといった、守る力を肌はもっているのです。

その肌本来の力に頼った洗顔方法が、お湯洗顔になっています。

今まで過度なスキンケアで甘やかした肌や、負担をかけて弱っている肌の場合。
なかなかお湯洗顔の良さを実感するには、時間がかかってしまいますが、
「肌を育てる」というのにもお湯洗顔は役立ってくれます。
 

●お湯洗顔をおこなうときの注意点

 
肌本来の力に頼るお湯洗顔ですが、おこなうときには気をつけたい注意点もあります。

・クレンジングが必要なメイク用品は使わない
・効果の見極めはターンオーバーを意識する

仕事柄メイクをしなければいけない人もいますが、メイク用品はお湯で落ちるタイプを選びましょう。
お湯で落ち切らない化学成分などが肌に残ってしまうと、それが刺激となってしまいます。

オーガニックや無添加アイテムを選んでいくのも良いですね。

また、お湯洗顔は日頃肌が弱っている人ほど、効果に時間がかかってしまいます。
まずはターンオーバーがおこるであろう1ヵ月程度は様子をみるようにしましょう

基本的には28日周期と言われていますが、ストレスや年齢でその日数は伸びてくるので
見極めのタイミングも、余裕をもっておこないましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る