シェービングで顔の明るさが違ってきます

S6

毎日お手入れしてもメイクのノリが悪かったり、くすんで見えたりする時があります。もしかしたらそれは産毛がじゃまをしているかもしれません。
顔のシェービングというと「カミソリを使うから怖い」と思う方がいるかもしれませんが意外に簡単です。

電動のフェイスシェーバーなら安心ですが、そうでなければ刃にガードが付いているI字タイプを選びます。眉毛用の小さなカミソリでは広い範囲が剃りにくく、顔は凹凸があるので向きません。ある程度の大きさの物を用意しましょう。

次に顔の周りの髪が落ちてこないようにタオルやピンで留めます。シェービングクリームやローション等があれば利用すると肌当たりが良くなります。

カミソリは利き手で持ち、上から下へ軽く滑らすように剃っていきます。肌に対して45℃の角度であてて、反対側の手で剃る場所の下側を軽く引くように押さえると上手く剃れます。

順番は額から少しずつ下がってこめかみ、頬、鼻の周り、最後に顎です。眉は少し剃るだけで印象がかなり違ってきますので、慣れていなければ手前で止めた方が安心です。全て終わったら暖かいタオルでそっと拭きます。

シェービングをすると表面の角質も削り落とされるので滑らかになり、顔が明るく見えます。

大体1~2ヶ月に1度の割合でお手入れするときれいな肌が保てます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る