敏感肌になる主な原因

S8

敏感肌は痒みや赤みピリピリした症状になることを言います。ちょっとした刺激に反応してしまいます。敏感肌になってしまうと、肌に合う化粧品もなかなか見つかりにくいですし、かきむしると雑菌に感染しやすくなってしまいます。
敏感肌になってしまう原因は、乾燥によるものが多いです。冬は特に乾燥しますが、夏もエアコンなどで室内が乾燥するので注意が必要です。

加齢も敏感肌の原因になります。年をとるにつれて皮膚が薄くなっていきます。弾力も失い肌の防御力も衰えてくるので、少しの刺激でもダメージを受けやすく敏感肌になりやすくなるようです。

敏感肌は体質もあります。肌が弱い獄アレルギー体質の人は敏感肌になりがちです。ストレスも関係すると言われています。

いずれにしろ間違ったスキンケアには注意が必要です。化粧品やシャンプー、ボディーソープが肌に合わなく使い続けることで敏感肌になってしまいます。紫外線を浴び続けるのもよくありません。洗顔するときに強く力を入れて洗うと角質層を傷めてしまうので注意する必要があります。

敏感肌の人はハウスダストや紫外線にも過敏に反応してしまい、炎症を起こしやすくなります。
原因は1つだけではなく、それぞれが重なって起こる場合があるので自分で気をつけることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る