お肌の内側・外側のケア

S10

今年の秋は例年と比べると半月くらい足早、夏の気温は早々に退いてしまい早朝の涼しさはもう本格的な秋の空気。
お天気は優れなかったこの夏ですが、お肌にとっては日ざしからのダメージも少なくてすごし易い期間となりました。

そんな気温から夏肌の疲れというのもそう感じず、季節のかわりめの肌手入れは程々のところ。
季節のかわりめはことに肌も敏感なようですから、そんなことが好ましいみたいです。

水分や油分減少という熟年齢肌ならば肌再生のターンオーバーがゆるやかですから、肌ガードしてくれる必要な角質はたいせつなところです。
気温の変化や室内の空調、身体的なことの疲労やメンタル的なことからもこの角質というのが壁のようになって護りの役目をしているので。

こんなふうに肌表面はあまり神経質にならず、基本の手入れと美容液の成分補給するくらいのものを使っています。
最近、目新しく始めたことは肌の内側からのケア、これまでは時々としていたコラーゲンを一日に一回お茶などにとかして飲むこと。
夏時期はコラーゲンドリンクが肌疲れに効果的、涼しくなったこの時期からなら粉末やコラーゲンゼリーがお勧めです。

効くのかどうかと思っていましたが、肌のふっくらとしっとりと言うのか肌がもっちりとして、飲む前よりもお肌にハリがでてきました。
年齢とともに自然と減少傾向にあるハリや良い質感、コラーゲンや保湿成分は熟年齢にこそ必要かなと実感しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る