日焼け止めの正しい塗り方

S15

日焼け止めを塗るとき正しく塗らないと効果がなかったり日焼け止めの意味がなくなってしまう場合があります。その正しい塗り方はまず、肌にムラなく塗ることです。リキッドタイプの日焼け止めは手の平に少量ずつ取りながら、ムラなく塗っていきます。ムラがあると効果が薄れてしまいます。

日焼け止めを塗るときに擦り込まないことが大切です。擦り込んで塗ってしまうと、肌に悪い刺激を与えてしまうので塗るときは丁寧に優しく塗っていきます。

2、3時間おきに塗り直して使うことをおすすめします。こうすることで日焼け止めの効果が高まり肌に良いです。

そして、日焼け止めを使ったあとのケアも大事になります。日焼け止めを使ったあとは、ボディソープで綺麗に洗い落としていきます。皮が薄い瞼のあたりはゴシゴシこすってしまうと黒ずんでしまう原因になるので、丁寧に落としていきます。シミやシワが気になるところは、十分に水分を補給し保湿をすることが大事です。

日焼け止めは薄く伸ばさずにきちんとムラなく塗り、乾燥した肌に塗らないことで日焼け止めの効果を発揮します。そして、日焼け止めを塗ったあとのケアは必ず清潔にし保湿することが肌を綺麗に保てることにつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る