しっとり、よりしっとり

S19

スキンケアのラインナップをみていると、化粧水や乳液には肌タイプ別として数種類かの商品があります。
商品のところ、サブタイトルのように書き込まれているのは大まかに言うなら「しっとり」とか「さっぱり」、これより細かい区分なら「ややしっとり」や「よりしっとり」の種類も。

化粧品は年齢層も設定して作られているらしく、比較的若い世代を対象とする商品はしっとりの化粧水でもトロミのテクスチャーというのはなさそうです。それと比較してアンチエイジングの対象となるお年頃の化粧水だと、人気商品を店頭で一滴手にしてみると濃いめでトロミが感じられました。

これからの秋と冬の季節にはいいものと説明されましたが、もう少しさっぱり、だけれど肌にベストな保湿効果のものがいいと感じる方もいるのでは?
ネットのページ見ているだけではいいものみたいと思いますが、自分の肌によいかどうかは試してみないとなかなか分かりづらいもの。
秋冬の季節と肌によいのはしっとりなのか、ややトロんでるテクスチャーのよりしっとり、どちらかでしょうか。

年齢肌と限定されていない化粧品はやはり「さっぱり」目の化粧水や乳液、朝にも使える保湿クリームが一般的です。
ですが、30代も後半を迎えると、そろそろアンチエイジングしてくれるものが必要な時期に差し掛かります。
夏越えたところで、年齢肌に程よく効果があるものを見つけたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る