洗顔をし過ぎると肌荒れに繋がる!?

S23

肌をきれいに保ちたい、という思いから、洗顔を重視しているは多いのではないでしょうか?もちろん、肌を清潔に保つことは、美肌への第一歩です。しかし、それにも実は限度があります。実は、洗顔のし過ぎによって、逆に肌荒れに悩まされてしまうという人もまた多いのです。

なぜこのような結果になってしまうのかと言いますと、顔の皮脂を必要以上に洗い流してしまうと、肌細胞が「今、皮脂が足りなくなってしまったから、もっと分泌させなければ」と勘違いして、過剰な皮脂分泌を促してしまうのです。顔を洗い過ぎたことが原因となって肌を乾燥させ、それが原因で皮脂のバランスが崩れてしまい、結果として肌荒れに繋がるのです。特に、毛穴の開きやニキビに悩む人は、洗顔をし過ぎるとかえって悪化してしまう危険性があります。

なので、洗顔は基本的に朝1回と、夜お風呂での1回だけに留めましょう。そしてそのうちの1回は、洗顔料や石鹸を使わずに、水やお湯だけで洗顔するようにすることをオススメします。そうすることにより、肌から皮脂が必要以上に洗い流されてしまうことが防止されるのです。「少し物足りないかな」と思うくらいの洗顔が、実は肌には1番良いのです。

そして洗顔後は、必ず化粧水と乳液でしっかり保湿するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る