クマの原因と解消法について

S25

クマには青クマ、黒クマ、茶クマという3種類のクマがあります。青クマは色白の人に多いと言われています。原因としては、生まれつき皮膚が薄かったり寝不足や不規則な生活などの生活習慣にあります。他にも疲労やストレスなどの血行不良が挙げられます。

解消法としてはマッサージが効果的です。また、温めたタオルで目の血行を促進すると良いです。コラーゲンを増やすことも大事になります。

黒クマは加齢が原因でなってしまいます。下のまぶたが年をとるにつれて、薄くなりたるんできます。筋肉が緩んでいき、凹みができてそこに影ができることでクマができてしまいます。黒クマの解消法はコラーゲンを強化し表情筋を鍛えることで、解消します。激しく表情筋を鍛えてしまうと、コラーゲンを傷つけてしまうので注意が必要です。

茶クマの場合、目をこすったり洗顔やメイクの刺激が原因で起こってしまいます。化粧品が肌に合わなかったりするのも原因になります。解消法は美白対策が必要になります。ビタミンCが多く含まれている食べ物を摂取したり、UVケアを徹底することでくまを防ぐことができます。メイクの洗い残しも色素沈着を起こしてクマになる原因になってしまうので、優しく洗うと良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る