秋でも日焼け対策はしっかりしよう

S53

「なぜ秋に日焼け対策が必要なのか?」
夏が終わったからといって、日焼け対策を侮ってはいけません。
秋の紫外線9月~10月にかけての紫外線量は、多くて夏の紫外線量の70%は降り注いでいるのです。
きちんとケアしなければ、シミ、そばかす、しわなどの肌トラブルの原因になってしまいます。
また、夏に受けた紫外線などの刺激で蓄積した肌は、ダメージを受けやすくなっています。
そんな肌だからこそ、きちんと日焼け止めクリームで保護してあげなければ、肌トラブルの原因になってしまうのです。
「日焼け止めを選ぶポイント」
夏より少し弱めの日焼け止めを選ぶようにしましょう。
肌はダメージを受け蓄積しているので、肌の弱い方や敏感肌の方は、化粧品のUV下地で紫外線から肌を保護する事をおススメします。
日焼け止めはしっかり保護してくれる代わりに、肌の負担になりやすいのです。
日焼け止めを使う変わりに、UV化粧品で保護してあげましょう。
「注意ポイント」
日焼け止めはしっかりとクレンジングや洗顔で落としましょう。残っていると逆に肌トラブルの原因となってしまいます。
UV化粧品や、日焼け止めは落ちてしまうと効果が無くなってしまいます。
化粧が崩れたらきちんと塗りなおしましょう。
屋外にいる時間が多いときは帰宅してからパックや美白化粧品できちんとケアすることをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る