ニキビのケアに効果的な洗顔

S58

思春期の頃にニキビで悩んだ経験がある方は沢山いると思いますが、大人になってもニキビやぶきでものはいつまでも続いてしまいます。肌の皮脂のバランスにより、ニキビが出来やすくなるために、洗顔がとても重要なポイントとなります。しかし洗顔をしすぎると、必要な皮脂まで洗い流してしまうため、肌本来の保湿機能により、皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

余分な皮脂は毛穴につまりにきびの原因となります。この皮脂のバランスをとるためにも、必要な洗顔をすることが大切ですが、多くても一日に2回程度が適切です。肌がてかって気になるときは、洗顔回数を増やすよりも乾燥を防ぐために化粧水でたっぷり保湿をすることが大切です。

どうしても肌の汚れを取りたいときは、ぬるま湯だけで、洗顔料を使わずに行うと肌の感想を防ぐことが出来ます。肝心なのは、夜の洗顔です。メイク落としのクレンジングや、洗顔料を綺麗に洗い流して、化粧水や乳液でしっかり保湿をしましょう。ニキビ肌には特に、肌のターンオーバーを活発にすることが重要ですよ。

そのためにも洗顔をして保湿成分を肌に十分与えることが、新しい肌の細胞を生成するために最も効果があります。洗顔のしすぎは肌には負担となりますので、刺激の少ない洗顔料を使うこともニキビ肌には効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る