ニキビ肌のスキンケアの注意点

sk-pic28

ニキビは思春期だけでなく、大人になってもふきでものや大人にきびで悩まされます。

ニキビがあるときには、スキンケアにもいくつか注意する点があります。
まず洗顔ですが、フェイスブラシなどを使って洗顔をすると、ニキビが炎症を起こししまう場合がありますので、なるべく使わないほうが良いでしょう。
そしてメイクをするときですが、リキッドファンデーションも、毛穴を詰まらせる原因になりますし、特に油分が含まれものは、ニキビ肌には負担となります。
同様にクレンジングでメイクを落とすときも、オイルフリーのクレンジング剤のほうが安心ですね。

ニキビがあるときには、乾燥をしないように十分に保湿をすることが大切です。殺菌効果のあるニキビようの化粧水も、炎症を起こしている赤いニキビがあるような場合には効果があります。

大人ニキビは原因が色々考えられます。食生活のバランスが悪いことや、睡眠不足など、ニキビの改善と予防が出来るように、日頃の生活の中で心がける点は、注意したほうが良いでしょう。
正しい方法でニキビ肌のケアをしないと、ニキビ跡になっていつまでも肌に残ってしまいます。そうなると、消すことも大変です。
ニキビは悪化しないようにケアをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る