紫外線から肌を守る方法

sk-pic37

紫外線を浴びてしまうことは、乾燥肌になりシミやシワの原因となります。そして肌の老化を活発にする活性酸素を、多く発生させることも注意をしないといけません。

しかし紫外線を大量に浴びることにより、もっとも怖いのが皮膚がんなどの深刻な病気です。美肌のためにも、毎日の紫外線から肌を守ることが大切です。日焼け止めのクリームはSPFが最低でも15のものを使いましょう。そして屋外に長時間いる場合には、2時間ごとに塗り治すことが最も効果的になります。

敏感肌やニキビがある肌にはオイルフリーの日焼け止めがお奨めですね。そして帽子をかぶることや、紫外線の強い時間帯午前10時から夕方4時くらいまでは、しっかり紫外線対策をして外出をするようにしましょう。

日焼け止めがないときは、化粧水や乳液をたっぷりつけて、十分に保湿をしてから外出してください。肌が乾燥していると、外部からの刺激をブロックする機能が減少してしまいます。紫外線はメラニン色素を活発にしますので、しみだけでなく、ニキビ跡の色素沈着の原因にもなります。

毎日の紫外線ケアは年間を通して、夏だけでなく注意をする必要があります。そして曇り空でも紫外線を浴びていますので、ご用心くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る