冬が肝心の日焼け対策

sk-pic44

日焼けを連想させるのは暑い夏の強い日差しではないでしょうか。
しかし、暑さで肌が焼けるわけではありません。夏だけではなく寒い冬にも太陽から降り注いでいる紫外線によって日焼けするのです。夏場を過ぎると油断しがちな日焼け対策について少し考えてみましょう。

そもそも肌を黒く焼いたりシミを作る紫外線は、曇りの日も降り注いでいるのです。つまり、季節や気温には関係ないということです。
外出時は晴雨兼用の傘がとても便利です。しかし、いつも傘を差して歩くのは大変ですから、やはり日焼け止めを使って肌を守ることが重要です。

建物の中に居ても、UVカット加工されていない窓ガラスやビニールの内側には容赦なく紫外線は突き抜けてきます。明るい部屋にするために取り入れる自然光に長時間素肌を晒さないように気を付けることが大切です。
気持ちの良いベランダなど寛げる場所で油断していると、室内で日焼けすることもあります。

肌に大きく影響する紫外線は、目にも影響します。日差しが強い場所で眩しいと感じる時は我慢せずにサングラスや帽子を装着することも重要です。

人体の敵にも思える紫外線ですが、良い特徴もあります。それは殺菌効果があるということです。肌ではなく布団や靴は大いに消毒して、紫外線と上手く付き合える生活にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る