大人ニキビを退治する方法

S68

大人になっても、ニキビに悩んでいる女性は、たくさんいるのではないでしょうか。ニキビは、正式には、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)といいます。毛根を包んでいる毛包(もうほう)部に起こる皮膚の病気です。

思春期にはニキビが出来やすいのですが、大人になってからのニキビはメイクの邪魔になりますね。仕事をする上でも、お肌が荒れている時には、相手への印象が気になります。
皮脂は、毛穴から出て汗と混ざって皮脂膜となり、お肌を守っているのですが、毛穴に、余分な皮脂や汚れ、古い角質などが詰まってしまうと、ニキビができてしまいます。

そして、アクネ菌など細菌のために炎症を起こすと、腫れたり膿を持ったりしますよね。
ニキビの原因としてよく知られるアクネ菌は、健康な毛穴にも住んでいて、皮脂を栄養にしています。空気を嫌う細菌なので、詰まってしまった毛穴は、増殖しやすい環境になっているのです。

ニキビの予防には、まずは、毛穴が詰まらないように丁寧に洗顔をして、お肌の負担になる汚れなどを溜めこまないようにすることが大切です。乾燥がニキビの原因になることもあるので、保湿も怠ってはいけません。

ニキビがひどくなると炎症が広がって、ニキビが治った後に、ニキビ痕を残してしまうことがあります。ニキビをつぶすと、痕が残るとよく言われますが、つぶさなくても、そうやって炎症によって、痕になってしまうことがあるのです。
炎症がひどくならないうちに、皮膚科に行って、適切な治療を受けましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る